« プロの腕 | トップページ | 機械頼み »

2007年8月 9日 (木)

三原則

 長崎に二発目の原子爆弾が投下されて62年目、今日も猛暑だったが何千度もの劫火に焼かれ、水を求めて死んでいった人達を考えれば何ほどの事はない。

 夜9時のニュースで知った。今年の平和宣言は最初「非核三原則」の法制化を盛り込まなかったという。委員の一人が言っていた「盛り込んでも今の阿部首相は聞く耳持たずで無駄」。

 おやおや、大叔父さんの佐藤栄作が提唱した非核三原則ではなかったのか!佐藤栄作は、そのお陰でノーベル平和賞を受けたではないか。あの時は似つかわしくない人が平和賞を受けるものだと変に思った。

 それが久間防衛大臣の「しょうがない」発言で、田上長崎市長が決断し入れるように変わったらしい。

 「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」 三原則は明快だ。でも、国是としてあるだけで、法でないから拘束力はない。

 私達の選んだ政府が法制化したら、首相だけでなく日本国民全部にノーベル平和賞を呉れていいと思う。

« プロの腕 | トップページ | 機械頼み »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三原則:

« プロの腕 | トップページ | 機械頼み »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ