« ノー天気なことを | トップページ | 様子が変わって疲れる »

2007年7月18日 (水)

三重県津市

 「伊勢は津でも津は伊勢でもつ」と言われているくらい、両者は相乗効果で存在を高めていたと思っていた。

 1泊だけ、津で滞在したのは、約24時間。その内、7時間は眠っていたから、15時間の見聞で津のことをあれこれ言う資格は無い。が、しかし短い時間でも、言葉を交わしたホテルマン・タクシードライバー・売店の女性がことごとく、諺の前半を飛ばして「津は伊勢でもつ」とばかり言うのが残念だった。

 「津の見所は?」「お勧めの旨い物は?」「自慢の逸品は?」の私達の問いに、皆さん「さ~?」と控え目だ。全国的に名の通った伊勢志摩や松阪・桑名に挟まれていたら無理もない。昨日のブログのように街に見かける人は少なく、閉店している店も多く、活気に乏しいのは確かだ。

 今朝は朝からの雨だった、仕方なく大幅に見学を制限し、真宗高田派本Dsc00318山専修寺に行った。先ずは、休憩所で一服、名物の「いばら餅」を食べる、素朴だが葉から移った独特の香りが上品にしている。目を引いたのが「かんろくせんべい」。『自信過剰!?』と思ったら休憩所の女性が、お堂を建てる時人柱になった勘六さんを偲んでつけられたものと教えてくれた。勘六柱のある如来Dsc00311 堂にお参りし柱に喜捨をしてきた。左甚五郎作の鶴の彫り物があり、隣で改修中の御影堂と共に重要文化財だ。宣伝さえ巧みなら、もっと人が集まり賑やかになりそうだ。

 藤堂高虎が建てた津城跡も、整備ひとつで大きな観光資源になりそうだし、昨夜食べた、津みやこホテル「浜千鳥」のスペシャルディナーは京都大阪の中心でも 堂々と渡り合える独創的な美味しさで感動した。

 津の市民は遠慮し過ぎるように思う、痩せても枯れても三重県県庁所在地の都会だ。リピートしたくなる街に変身して欲しい。

« ノー天気なことを | トップページ | 様子が変わって疲れる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三重県津市:

« ノー天気なことを | トップページ | 様子が変わって疲れる »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ