« フィナーレは? | トップページ | 後遺症を克服して »

2007年4月23日 (月)

奇々怪々選挙裏舞台

 結果が凶とでた、仕方が無い。相手は半年以上前から準備し、建築業界、農協、商工会、それに自民党まで後ろ盾にしていた。こちらは短期間で素人集団が訳も分からず取り組んだ結果だ。1700差の負けは健闘したと自らを慰めるより仕方ない。それにしても、選挙では純粋な市民の感覚では不可解なことが起こるものだ。

 義弟の選挙事務所には必勝祈願のポスターが各方面から送られてきて貼ってある。義弟は無党派だから、自民・民主党からも寄せられている。私は違和感を感じているが義弟にしては持ってくるのを拒む必要はない。

 それでも、義弟は自分の運動の傍ら落選した候補者を公然と応援した。結果によっては議会活動で、自分が不利になるのも承知の上だった。

 前にも書いたように、私が熱く支援した候補者は、市長が後継者と明言し副市長と共に我々市民が感激するほど選挙戦を闘ってくれた。街宣車に乗り、街頭や各地の演説会で熱弁をふるった。地元出身で私も1票を投じた民主党のK府会議員も応援してくれた。地方紙に彼が相手候補の街宣車に乗ったと報道された時、顔色を変えて誤報だと弁解に来た。

 勝利の喜びに浸る相手候補の事務所がテレビに映った途端、目を疑った。Kが新市長の横でバンザイしているではないか?それよりもっと驚くニュースで、私の脳みそは混沌となった。テレビには映らなかったが、我々と共に戦った市長が、当選を阻止するのに必死となった相手を抱いて祝福したという話だ。

 所詮、政治家とはこんなものなのだろう、少しでも力のある方に尻尾を振るのが政治家としての正しく清い生き方なのだ。純粋とか節操とか正直とかを求める市民がバカでお人よしで幼稚なのだ。

 気の毒なのは落選して何の利用価値も無く政治の舞台から捨てられる?(裏取引があって重用されるかも?)私達の候補者だ!

 勝った負けたといっても本当の戦争ではないニッコリ笑って、わが町の口下手で何を言っているのか分かりづらい市長の手並みを拝見しよう。

             悪夢でも私に1ヶ月夢を与えてくれてありがとう。 

 付け加えると、義弟は今回も第2位で当選した。

« フィナーレは? | トップページ | 後遺症を克服して »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

終わりましたね。気持ちは今日の空のようです。 I 氏がなったのだからそれはそれで市民としては協力し、また厳しく見まもっていかなければ I 氏の個人演説で「I 氏以外の市長だったら協力しない」と言った新人府会議員と同じレベルになります。 ただ、今回の選挙で一体誰を信じていいのか、政治の「せ」の字もわかっていない私は困惑しています。

見ました。
夜中のテレビで。当選したI氏を抱いて祝福して下がる市長の後姿を。落選候補者O氏の最終演説会で前夜「ふるさと」を合唱して感涙を流したあの同じ市長なのですか?今期で引退の市長が公衆の面前でこんなことをするどんな駆け引きがあるのでしょう?市民感覚では人格が地に落ちるというこんな行為が政治家なら当然とでも言うのでしょうか?
見ました。
O氏の街頭演説会で私達が集まっている時通りかかったK府会議員がわざわざ車から降りてきて握手を求めて励ましてくれました。私達が集っている目的は明らかでした。あの時K氏は既にI候補に激励ポスターを送って自民党と合い載っていたのです。テレビで当選のI氏を真ん中に左右に自民の府会議員とK府会議員が並んで万歳していました。
。そうならマイクでの挨拶だけで通り過ぎるのが市民感覚というものでしょう。
争点は何でもよいのですか?K府会議員様!

それにしても終始何と生真面目だったO候補者でしょう。
ごくろうさまでした。苦しい体験だったでしょうがこの町のために次に生かしていただけることを願っています。

 正に魑魅魍魎の世界です。本で読み、映画で見、報道で知っている筈の政治家が票の為なら何でもする良心?を、こんな身近に体験したのは初めてです。
 買春をして警察沙汰になっても立候補する良心。民主党から立候補し最高位で当選したらあっさり党を捨て、違法建築で儲けていると噂されている会社の後ろ盾で立候補する良心、共産党と歩調を合わせ儀式で君が代斉唱も起立もしなかったのに票の欲しさか大声で君が代を歌う良心。セクハラで問題になり当選が絶望的になったら開票速報を当選しそうな候補者の事務所で見ている良心。
 豹変した市長や府会議員に負けず劣らずの立派な政治家がウジャウジャ居るのを知りました。これ皆、世のため人のため国民のため市民のためとおっしゃいます、ありがたいことです、恥を忍んで立候補してくださるのですから感謝しましょう。
 政治家のランクは集票力で決まります。票数で力が決まります。野心も権力も悪だけのものでありません、義弟には票で掴んだ権力をフルに使える場を占めるように望みます。

今頃ですが義弟様のご当選おめでとうございます。義弟様には厳しい環境になるでしょうがこれまで以上に権力を行使していただいてご活躍を期待しています。
私達も政治に関してぼんやりするのは止めないといけませんね。

以前住んでいた町の友人から久しぶりに電話をもらいました。市長選で多忙な時だったのでそう告げると「あんたまだそんなんやってるの」と友人が笑いました。「私なんかもうとっくに選挙に行くのも止ーめた」と言うのです。聞くと「だって今市長も誰々さんよ。頑張ってもあかんもん」私も知ってる人です。同年代ではこうして若い時から正義感が強くて活動してきた人ほど選挙に行かない状態に陥っていると最近思います。絶望しているのでしょうか。それでももし子や孫が徴兵される世が来たら黙ってはいられない、そうならない為に選挙に行かないわけには行かないと言いました。

でも思うのです。次の府会議員選挙ではどうしたらよいのだろう?消去法にせよK議員に大事な1票を入れてきたのに。選挙に行かない選択は有り得ないから白票でも出すことになるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇々怪々選挙裏舞台:

» ja 自動車保険 [ja 自動車保険]
jaの自動車保険の情報をお探しですか?このサイトでは自動車保険とjaの情報を配信しています。自動車保険は種類が沢山あります。jaの情報も会わせて自動車保険をご検討下さい。 [続きを読む]

« フィナーレは? | トップページ | 後遺症を克服して »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ