« オヤッ? | トップページ | プレゼント »

2007年4月 9日 (月)

権力者は反省しない

 予想通り、東京都知事は石原慎太郎の独走で当選した。浅野と吉田を足しても40万票以上の差があっては、反石原勢力の完敗だろう。

 読売新聞の編集手帳に、「1期目には物議を醸す発言や評価の分かれる政策はあっても、醜聞めいたものとは無縁だった人が(不明朗な海外出張旅費・都事業の公私混同)不思議でならない。国に物言う押し出しの良さや指導力には魅力を感じつつ、ときに傲慢と映る説明不足にがっかりした人も多いと聞く・・・」とあった。そして、おごりを戒めている。

 日本の権力者の番付でいえば、そこらの国務大臣より上で、総理大臣と肩を並べる知事である。傲慢にならなかったら神に近い人間だろう。

 それに、貧困・無学・忍従・被差別・不自由等と無縁の人生を送り、一橋大学在学中に、陰茎で障子を突き破る小説を書いて芥川賞を獲った幸運児である。慢心がなかったら仏に近い人間だろう。

 でも、感心するところがある。息子がテレビのバラエティ番組で散々な目のあっていても干渉しないところだ。吉田茂の長男健一(英文学者)が無頼の生活をしていた。側近が対面上手を打とうとしたら、吉田茂は「親は親子は子だ、放っておけ」と、止めたという話を記憶しているが、それに似ている。

 恐いのは、核武装も容認するような国粋主義だろう。東京オリンピックが誘致できたら、ヒトラーが国威宣揚にフル活用したベルリンオリンピック同様になるのでは?

 いずれにしても、神でも仏でもない人間だから、自然とぼろを出しこけるに決まっている。その時、行動を起こさない東京都民ではあるまい。

« オヤッ? | トップページ | プレゼント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

盛り上がり欠ける選挙でしたね。結局予想通りの展開でした。

盛り上がっていたのは、東京都と比べ財源が少なく格差を見せつけられている地方の官と民かも知れませんね。言いたい放題言われても何事も無くすむ、バカがつくほど平和な日本でメデタシメデタシ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 権力者は反省しない:

» <石原都知事>兵庫・井戸知事が不快感、震災発言「失礼だ」 [とんみんくん]
選挙終わったとたんこの発言ですよ。この男知事でいいんですか?東京都民のかたよく考えてください。 [続きを読む]

» 「私の辞書に反省という文字はない」by石原慎太郎。 [プールサイドの人魚姫]
統一地方選挙、そして都知事選。この結果は投票が始まる前から決まっていたようなものだった。他者の追い上げをものともせず投票箱を空にする必要さえなかった。この圧倒的な大差は何処から生まれるのであろうか。石原慎太郎以外に東京都を任せられる人物がいなかったのだろ... [続きを読む]

« オヤッ? | トップページ | プレゼント »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ