« 何か取柄はあるもんで | トップページ | スポーツの流行りすたり »

2007年3月23日 (金)

拝啓終わりました

 昨日の「拝啓、父上様」で、このシリーズのTVドラマが終わった。DVDに保存したのは、「ハケンの品格」「華麗なる一族」「拝啓、父上様」の3本だった。

 順位をつけるとしたら、「ハケン」「拝啓」「華麗」となる。とに角「ハケンの品格」は面白かった。荒唐無稽でどう考えても有り得ない場面が多かっても笑いながら許せる小気味よさがあった。

 視聴率も高く、新聞の論壇にも取り上げられる作品だったのは、只の作り物でなく、小泉改革の産物、自由競争社会の翳を衝いているからではないか。何よりも高くつく人件費を、最近はこんな形で抑えられているのを知るだけでも値打ちのある作品だった。

 カミサンと二人「それが、何か?」と言う台詞が家で流行りそうと話している。

 「拝啓、父上様」は、未解決部分を山ほど残して完結したのに、スッキリしたのは流石倉本作品だと思う。

« 何か取柄はあるもんで | トップページ | スポーツの流行りすたり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓終わりました:

» 拝啓、父上様〜最終回・心の鍵! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
拝啓、父上様も最終回ですが、一平(二宮和也)は好きだったナオミ(黒木メイサ)と自分が腹違いの兄妹ではないかという疑惑を持ちます。その為、ナオミとも疎遠になっていくのですが、雪乃ちゃん(高島礼子)がナオミに会いに行ったりもします。(拝啓、父上様、最終回感想、以下に続きます) 【拝啓、父上様・各話感想】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終回... [続きを読む]

« 何か取柄はあるもんで | トップページ | スポーツの流行りすたり »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ