« 14年前のイギリス旅行 16 | トップページ | 14年前のイギリス旅行 17 »

2007年3月10日 (土)

14年前のイギリス旅行 15

ふれあいの旅-イギリス ⑭

歩き回り見て回るのに熱中していた私達の食生活は取り立てて書くものがありません。でも、今も思い出すほろ苦い経験を一つしました。

適当に二階建てバスに乗り適当に降りました。下町のレストランで未だ口にしていない「フィッシュ アンド チッップス」を食べてみることにしました。

レストランといっても、入り口には注文に応じて焼くのでしょうか?生肉を串に刺したのが並べてあり、奥の席には浅黒く目つきの鋭いアラブ系の男達が屯する大衆食堂です。しかし、注文を聞きにきたウエイトレズは、金髪で二十歳前のそれはそれは美しい子でした。彼女の周りだけ明るくなっているようです。

ロンドンでも料理の凄まじいボリュームに懲りていますから、二人で1皿のフィッシュ&チップスとコーヒー2杯を頼みました。怪訝な顔の彼女に「ジャパニーズ ストマック ヴェリー スモールね」等と、美人を前にしたら口も滑らかに動きます。

案の定、大皿に山盛りになったフライドポテトと幼児の手の平大の白身魚フライ5切れが出てきました。

夫婦でも一つ皿の食べ物をつつきあって食べる習慣がイギリスにはないと耳にしていましたので、彼女に2つに分けてもらいたいと、手刀で切る仕草をしました。分かりの良い彼女は頬笑みながら皿を下げ。手早く2皿にしてくれました。わざわざ、フライの1切れを半分にして、2.5切れずつにする気の配りようです。

珍しく家内が「ユー プリティ」と英語でお世辞を言ったり、私は私で素材の魚の名前を尋ねたりしました。美人は無愛想なのが多いのに彼女は反対に、私達と調子を合わせ笑みを絶やさず応対してくれました。

 またまた、楽しい思い出作りができたと悦にいって、単調な味のフィッシュ&チップスも山海の珍味のように美味しく食べられました。

« 14年前のイギリス旅行 16 | トップページ | 14年前のイギリス旅行 17 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14年前のイギリス旅行 15:

» ベリーダンス bellydance ベリーダンスニュース [ベリーダンス bellydance ベリーダンスニュース]
ベリーダンスニュース [続きを読む]

« 14年前のイギリス旅行 16 | トップページ | 14年前のイギリス旅行 17 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ